シフト自由!パート求人をお探しの主婦に最適のウーバーイーツ配達員とは?

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

アルバイト・パートをお探しの主婦や女性の方に朗報です。
新しい働き方で話題沸騰のウーバーイーツ配達パートナーという仕事をご存知ですか?

都市圏に住んでいる方は街で一際大きな配達バッグを背負って自転車に乗っている人を見たことがあると思います。

あの人達は制服もなく、スマホをイジりながら自転車を漕いでいるので一見、そういう趣味の人なのかな?と思いますが、実は料理を運ぶ仕事をしている「Uber Eats配達パートナー(正式名称)」の方々なのです。

フードデリバリーサービスとして2016年9月に東京でサービスをスタートさせたウーバーイーツ。

当初はなかなか浸透していませんでしたが現在では知らない人はいない位に有名になりましたよね。

注文者や提携レストランもどんどん増えて来ていて、配達パートナーは常時不足している状態なので今から始めても注文が無くて稼げないということは無いと思います。

ウーバー配達員さんは圧倒的に男性の方が多いですが、女性の配達員さんも増えてきているので、パートをお探しの主婦の方に「何故ウーバーイーツ配達員をオススメしたいのか?」という理由を解説していきます。

登録が簡単で、すぐ始められる

パートの求人に応募すると、まず電話やメールで連絡し、顔写真付き履歴書を書き、面接に行き、連絡待ちし、いついつからなどを決め開始という流れですが、手間と時間が結構かかってしまいます。

ウーバーイーツ配達員の仕事ですと、

WEB登録登録説明会配達員デビュー

という簡単な流れで、すぐにお仕事が始められます。

「登録説明会」と聞くと面倒なイメージがありますが、最寄りのパートナーセンターに自分の都合良い時間に行って30分程、お仕事に関する説明を聞いてくるだけです。

実際、配達の研修などはなく、その説明を聞き終わったら「はい頑張って~」という感じで、後は自分で実際配達して覚えていくだけしかないので、その説明会でもっと長い時間詳しく聞いたり、このサイトの体験談などを見ていただき、仕事の流れみたいなものを知っておくのも良いと思います。

詳しい登録方法は記事下のほうにある「Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員になる為の登録方法【招待コード付き】」という記事を参考にしてみてください。

シフト自由、仕事時間も自分次第

主婦の方にとって仕事する時間を自分で決められるのが一番大きいメリットだと思います。

例えば育児をしているときに、お子さんが急な熱を出してしまった場合など、パートなら店長に連絡する手間、代わりの人に入ってもらう申し訳ない気持ちなどが入れ混じり、パートを休む際もストレスが掛かります。

時々なら大丈夫かもしれませんが、体の弱いお子さんだと頻繁に休むことになるので最悪クビにされたりしますよね。

その点、ウーバーイーツ配達員の仕事は、

アプリをON→仕事スタート
アプリをOFF→仕事終わり

このように自分でアプリを操作して仕事する時間を決めるだけです。

一つの例ですが、

  • 子供を幼稚園に預ける
  • 一通りの家事を済ませる
  • 昼前に配達エリアでアプリをON
  • 昼のピークタイムで稼ぐ
  • 夕方前にアプリをOFF
  • 子供を迎えに行く

お子さんがまだ小さい主婦の方だとこのような流れになると思います。

パートだと数時間は拘束されますが、配達する時間は自分で決めるので、例えば体調が悪いと感じたときは、ちょっと配達してアプリをOFFにして帰ってくることも可能です。

短時間で稼げる

仕事する時間が自由でも、低賃金の在宅ワークみたいに稼げなければ意味がありません。

業務委託契約の在宅ワークなんかは、どう頑張っても時給500円に届かないような仕事で溢れかえってますからね…

よく求人サイトで募集している在宅ワークなどは、雇用せず時給というものを発生させない為の稼げないシステムなので、個人的にはオススメしません。

ちなみにウーバーイーツ配達員の仕事も完全出来高払い制です。

しかしながらウーバーイーツ配達員が増えている現状を見ればわかる通り、みなさん稼いでいる方が多くいらっしゃいます。

稼げなければ、どれだけ時間が自由でもみんなやらないですよね?

特にお昼のランチタイム、ディナータイムのピークタイムでは時給換算2000円超えを達成している配達員さんも結構います。

ウーバーイーツ配達の仕事には基本の報酬に加えて、不定期ですがクエスト、ブーストという二種類のインセンティブが発生します。

・ブースト
注文が多い時間帯、エリアに発生。通常報酬が「1.6倍」「2.2倍」などに増えていきます。
倍率はアプリでチェックできるので、高い倍率のエリアで配達していけば効率良く稼ぐことが出来ます。

・クエスト
ゲームのクエストのように「〇回の配達を達成すると〇円をプラスします」という感じで、やる気を出させてくれます。
雨の日など配達員が少なそうな日に発生することが多く、クエストクリアで1万円をGETできる場合もあります。

毎回、貰える報酬が同じではつまらないので、このようにゲーム感覚で報酬を増やすことが出来るのも楽しいですよね!

ちなみに週払いなので、ついバッグを買ってしまい、お金がピンチになりそうなときは、旦那さんにバレる前にめっちゃ配達して、ごまかしましょう(笑)

在宅ワークも可能

配達の仕事で稼げることは説明しましたが、実はウーバーイーツにはもう一つ稼ぎ方があります。

それが招待コードのアフィリエイト

配達パートナー登録時に貰う自分専用の招待コード経由で、誰かが登録し、50回の配達を完了したら自分に最大8万円の報酬が入ってきます。

例えば自分のブログやSNSで、配達の仕事をしている様子を書いて、見てくれた人を登録させていく方法。

男の配達員のブログやツイッターなんて腐るほどありますが、ウーバーイーツ女子配達員は滅多にいないと思うので、かなり需要がありそうです。

更にはママ友や、知り合いに紹介して登録してもらう方法もあるので、この招待コードで稼げる金額は、かなり大きいと思います。

実際、僕は、このサイトではないのですが、他のサイトでウーバーイーツ配達員招待コードだけで100万円以上稼げています。

扶養の関係上、あまり稼ぎたくないという方は配達員だけの収入で大丈夫だと思います。

人付き合いの大変さが無い

僕なんかは男なのでわからないのですが、幼稚園や小学校のママ友同士の関係とか相当大変そうですよね…

嫌でもずっと付き合っていかなきゃいけないですし、一度こじれたら悪い噂とか回されたり人間関係に疲れ果てそうです。

パートをしていると更に職場の派閥や人間関係に巻き込まれるので精神的なストレスがハンパないですよね。

ウーバーイーツ配達員は、良くも悪くも一人でする仕事なので、人間関係に悩むこともなく、いかに自分が効率良く仕事をするかだけに集中できます。

料理や飲み物を配達中こぼしてしまったり、場所が全然わからないなど困ったときはサポートセンターに電話すれば親身になってサポートしてくれるので安心。

料理の受け取りをするお店のスタッフ、料理を注文した方と10秒も掛からない挨拶程度はしますが、この仕事での人付き合いはそれだけです。

コミュ障や対人恐怖症の方にも向いている仕事だと思います。

大体、ウーバーイーツ配達員は男性なので女性が配達したら喜ばれると思いますし、評価システムというものがあって、それぞれお互いにアプリで相手を評価できるので、たくさん良い評価貰えそうですね!

宅配便などの女性スタッフの需要が高いように、ウーバーイーツも女性配達員の需要はかなり高いと思われます。

配達員女子の危険性は?

女子ならば心配になるであろう他人のお宅に伺うという行為。

確かに知らない人の家に、1VS1で届けるわけですから、そのまま家に連れ込まれることを心配する人はいると思います。

特に宅配便の方は制服などを着ていて、業務の香りプンプンにしているので、そんな気は起こりにくいですが、ウーバーイーツの配達では自分の私服ですので、女の子が家に遊びに来た感覚を持ってしまう人もいるかも?

という心配は女性配達員から結構聞かれました。

僕のこのウーバーイーツ配達員体験談サイトでも女性の体験談を投稿していただきましたが、実際は、ウーバーイーツで料理を注文するような方は裕福で余裕のある方が圧倒的に多いという事実。

そのような経験は無かったと、女性配達員の体験談でも聞けました。

配達員に興味ある女性の方は、是非、この記事もご覧ください。

ダイエット効果抜群

ウーバーイーツの配達は自転車か原付バイクを主に使い、自転車は電動自転車をシェアサイクルなどで借りて行う人も多いです。

自転車で料理を配達する仕事は想像よりずっと良い運動になると思います。

特に、ただ自転車を漕ぐのではなく大きな配達バッグに入っている料理が傾かないようにある程度、重心を保ちながら運転しようとするので、全身の筋肉を使います。

お金を払い、ジムで筋トレや走ったりすることも良いと思いますが、無料どころか、お金を稼ぎながらダイエットも出来るのがウーバーイーツ配達員のお仕事。

ダイエットしたいのに「運動は嫌い」という方でもお金は好きだと思います(笑)

このサイトで「女性」と検索したら、女性配達員さんの体験談がいくつか出てきますので、まだ悩まれている方は是非参考にしてみてください(^^♪

タイトルとURLをコピーしました