【千葉】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員のバッグと給料(ブースト、クエスト)

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

自分は35歳で3回転職していますが、どの会社でも営業職でした。
人と話すのが好きで苦にならないので仕事自体はどの会社にいたときでも楽しくやっていました。
意外と時間も自分で決めてお客さんの所に行く感じで自由でした。
ただ、ノルマがあったり他の営業マンとの競争とかそういうのが転職してきた理由でした。

そして今はまた営業の仕事を探したいのですがなかなか勢いがつかず、とりあえず友達に教えてもらったUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の仕事をやっています。

今は始めて半年になり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の仕事についてこれは知ってほしいということを書いてみたいと思います。

・Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員のシンボルの大きなバッグ

自分も営業で動いていた時に目にしたことはあった大きなバッグ。まさか、自分が背負って配達するとは思ってもいませんでした。

登録説明会に行くともらえます。説明会に参加した時のことを少し書きますが、千葉県にはサポートセンターは無いので東京にあるUber Eatsのパートナーセンターでした。
夕方4時スタートで自分以外に3人来ていました。

自分は原付での登録だったので必要書類、運転免許証、自賠責保険の証書、ナンバープレートの写真を提出しました。

説明が終わると、あの大きなバッグを受け取りました。
結構しっかりしているのですが思ったより軽いなという印象でした。

このバッグは有料でお金がかかります。
自分の時は8000円ですが、一週間ごとに2000円働きながら返していくという支払い方法でした。
かせぎが2000円に達しない時は払わなくて大丈夫な仕組みです。

お金がなかったので、「えー!聞いてないよ~」とビックリでしたが、仕事を始めてみるとあっという間に返せてしまったので何の問題もなかったです。

バッグの組み立ては簡単でした、説明書の通りにやればすぐに出来ます。
一番表側のふたを開ける時少し勢いがあって「ピンッ」と顔に当たってしまいましたが。

中に仕切りもあって、熱いものと冷たいものを分けて入れることもできます。

・初めての配達「暖かい店員さんありがとう」

初めて配達した日はかなり緊張ぎみでした。
マクドナルドが多い所は結構依頼が来ると聞いていたので家の近くの船橋で待機していました。
先にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員をやっていた友達が来てくれるはずでしたが来れなくなってしまって一人でした。
本当にアプリが鳴るのかワクワクというよりは、ちょっとどんよりした気持ちで待っていました。
アプリをオンにして5分もしないうちに鳴りました。

少し離れたタコス屋からでした。
取りに行くとすごく低姿勢で感じ良い店員さんが対応してくれて安心でした。
他は外国人の店員さんだったので初めての配達だったこともあり、やはり日本人のしかも親切な店員の方でよかったなと思い出されます。
なので、そこから注文が入ると今でも必ず受けるようにしています。

配達はそこから3キロ位離れた所だったのでがっかりでした。
地図通りに行ったのですが最後何と原付が入れない本当に狭い道に案内されてしまい、あと300mという所だったのですが、迂回したので時間がかかりました。
初めてがこれだったので、「これから続けていけるのかな」と不安になってしまいました。

タワーマンションの24階だったかな、インターホンを震えながら押すと若い女性の声で「お願いします」と聴こえました。
周りにも女性の声が聴こえていてザワザワしている感じでした。
緊張しながらエレベーターで上がりインターフォンをまた押すと、「ご苦労様です」ときれいな20代位の女の子が犬を抱いて出て来ました。
部屋の奥のリビングが見えて20代位の女の子がたくさん見えて少し気分が上がりました。
「きたきた、ありがとうございます」と他のハーフみたな女の子が自分に向かって言いました。
何かUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員になって本当に良かったと思った瞬間でした。

給料はこの1回で距離が遠かったのと時間でブーストというボーナスが付いたので800円位でした。
初めての配達はこんな感じでしたが、今では大分要領よく出来るようになって、時給にしたら1600円位かせげている時もある位です。

ブーストは基本料金を多い時には1.5倍にするボーナスで、配達員が必要で足りなくなる、お昼と夕食の時間帯と土日、あと雨の日につきます。
これが付くときを優先して配達するようにしています。

・インセンティブ(クエスト)

営業職をやっていた時はインセンティブはいつも意識していました。
少しでも多く売り上げてインセンティブを多くもらおうといつも必死でした。

ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)のクエストというインセンティブは行くだけでもらえる仕組みなので驚きでした。
金額は流動的のようですが、営業の時と比べると本当に信じられません。
4回配達で400円、8回1200円みたいな感じです。
つく時とつかない時があったりするのですが、とにかく営業の時と比べると行くだけで給料がどんどん増えるわけですからありがたい話で、仕事へのモチベーションがぐっと上がっています。

まとめ

自分がUber Eats(ウーバーイーツ)配達員になって良かったことを中心に書いてみました。仕事なので大変なこともありますが、自分の好きな時間に自由にできて、工夫次第では結構給料も稼げるこの仕事は自分には合っているなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました