【Uber Eats体験談】ウーバーイーツの配達を始めて10kgのダイエットに成功

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

私は33歳で、普段は千葉県内の企業に勤めるサラリーマンです。
メタボとまではいきませんが若干の肥満体で、医師からも減量を勧められていました。
そんな私がウーバーイーツの配達を始め、10kgのダイエットに成功した話をしたいと思います。

ウーバーイーツとの出会いはダイエットの最中

健康診断の結果、医師からダイエットを勧められた私は、休日に運動を取り入れながら過ごしていました。
都内の海沿いを自転車で走るという内容でしたが、これが割と効果的で、少しずつ減量に成功し始めていたんです。
そのタイミングでたまたますれ違ったのが、自転車で配達中のウーバーイーツ配達員でした。
彼は自分と同じように自転車を使って走っているんですが、私と違ってそれを仕事にしていた訳です。
同じ労力を使うんだったら、いっそ配達員になってお金を稼いだほうが得なんじゃないか?と、この瞬間に察した私。
幸い会社はこの程度の副業にうるさくありませんし、帰宅してから情報を集め、次の週には説明会に参加し登録を済ませました。

条件としては歩合制が基本になりますから、嫌な意味でプレッシャーを感じることはありません。
配達する場所としても、それまでにダイエットで走っていたエリアと一致していて不安は無かったですね。
普段の仕事と比べると、稼げる金額は少なくなりそうでしたが、あくまでも目的はダイエット。
とりあえず一日だけでもやってみよう!という感覚で仕事をスタートさせました。

意外に苦労したのは荷物の重さ

ウーバーイーツの配達は基本的に単純作業で、お店と注文した人の家を往復するだけです。
決済は完了していますから、小銭を持ち歩くことも無いですし、お客さんとのやり取りに苦労することもありません。
一つだけ戸惑ったというか、慣れるまでに苦労したのは荷物の重さでしたね。
例えば結構多いのがカレーの注文なんですが、4人分とかになるとご飯だけでも意外とずっしり来ます。
そのせいで思うように自転車を走らせられなくなり、配達に遅れそうになってしまったことが何回かありました。

でも、結果としてこれがプラスに作用することになります。
普通に運転するよりも足に負荷がかかるので、足の筋肉を鍛えやすくなったんです。
特に太ももやふくらはぎにかけてを強化することができたので、タイトなジーンズを履いたときの見た目がすごく良くなりましたね。
そのことに気付いてからは、荷物の量が増えれば増えるほど「しめしめ」と思うようになりました(笑)。

週2回、半年続けて10kgのダイエット

私がウーバーイーツの配達をできるのは、本業の隙間の時間帯だけですから、多くても週に2回だけです。
お店が稼働する11時くらいから働いて、夕方には仕事を終えてのんびりするというのがいつものパターンですね。
たったこれだけのことなので、ダイエットになんてならないと思いますよね?
ところが私は77kgから67kgまで、約半年間でちょうど10kgもダイエットすることができました。

威張れるようなことじゃないんですけど、私は今までに一度もダイエットを成功させられないでいたんです。
走っても途中で嫌になるし、食事制限も苦手で、プライベートで頑張っても飲み会に参加するだけでリセットされてしまいます。
だからきっと、ウーバーイーツとは無関係に自転車を使ってダイエットしようとしても、途中で挫折していたはずです。
これは仕事だ!という義務感が後押ししてくれたららこそ、10kg減量という成果を導き出せたことは間違いありません。
痩せたことについては会社の同僚からも指摘されましたが、嬉しかったのはお客さんから「痩せたね」と言われたことですね。
配達を始めた頃からの常連さんに驚いてもらえたことには感激しました。

稼ぎはそこそこ、満足度は抜群

ウーバーイーツだけで生活できている人もいるようですが、私の場合は労働時間が短く、稼ぎはそこそこです。
時給換算にすれば、よっぽど上手くいったときでも1000円程度ですから、決して多いとは言えません。
でも私にとって大切なのは稼ぎではなくて、ダイエットを成功させられたという結果なので、満足度は抜群に高いです。
例えば都心のジムに通いながら自転車を漕げば、半年続けると月謝だけでも6万円程度のお金がかかります。
パーソナルトレーニングに通うとすれば、同じ10kgを痩せるために数十万円のお金を使わなければなりませんよね?
ところが私はお金を払うどころか、貰いながらダイエットができました。

私は決して人とコミュニケーションを取ることが得意なタイプではないですが、とても快適に働けています。
仕事に関するストレスを感じずに毎日を過ごしているということも、ダイエットの成功に関与しているんじゃないかなとも思います。
目標体重はクリアしましたが、今もウーバーイーツの配達パートナーを続けている理由はそれです。
今後も怪我をせず、楽しく働きながら体型を維持していきたいなと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました