福岡エリアでのウーバーイーツ女性配達員の体験談

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

福岡県 フリーランスで仕事をしながら(自称なんでもやさんのふりーたー(笑))ふらふらと自由に生きている、三十路の気まぐれな軟体動物女子です。

これまであんなことからこんなことまでアルバイトや委託仕事を経験してきた私がこれに興味をもたないはずがない、最近離れ小島の私の古里、九州の福岡でも話題を呼んで多くテレビ特集されていて、興味を持たれている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
実際、ここ半年くらいの間にウーバーイーツパートナーの証といえる、ウーバーイーツバッグを担いでせっせとお仕事に励む若者を、駐車場で、ファーストフード店で、信号待ち中に・・・とよく目にするのですが、私もその中の一人、ここ半年くらいの間にウーバーイーツパートナーとしてデビューしてしまった若者(と言っていいのかためらう三十路女子)というわけです。

まずはじめに感想を・・・

実際にお仕事を体験してみての感想を言わせていただきます。

キツイです。わりとしんどいです。はい。

運動不足な自分を痛感して反省しました。車の免許が欲しくなりました。運動音痴な自分を痛々しく思え、少々絶望的な気分になり落ち込みました。(笑)等々です。

見てわかるとおりのネガティブワードのオンパレードでご理解いただけるでしょうが、運動音痴な方、てきぱき動くのが苦手な方、私のようにスローテンポで生きてらっしゃる方にはとてもでないですが、おすすめできません。
という以前に、そのような方は初めから、このお仕事をやってみよう、とハッピーでお馬鹿さんな考えに至らないと思うのですが、もし同じような行動にて悲しい思いをしたスローテンポ族の方がいらっしゃるとしたら、肩を抱き合って傷を舐めあいたいものです。

登録までにてんぱりまくる

ウーバーイーツパートナーになるまでの流れとしては、アプリへの登録設定、必要な書類の提出、審査待ち、本部にて本登録というもので、かなりお時間を要します。

実際に私の場合も、機械音痴故に情報登録やシステムの理解がうまくできずまずここに時間がかかってヘトヘトになり、書類の提出から審査が通るまでに少し時間がかかったので、「自分はだめなのかもしれない」「自分の何が審査に引っかかったのだろうか」と勝手に落ち込み勝手に悩み、審査が通れば試験に合格したときのような祭り気分にという一喜一憂をたどり、色々と疲れてしまいました。(笑)

やっぱり気になるお給料

お仕事をするにあたってやはり誰もが気になるのがここ、お給料の問題でしょうが、ここでもまず一言、
運動音痴な方は稼げません(笑)

お給料は固定給ではなく、地域ごとに異なる、受け取り料金、受け渡し料金、手数料、それとここも大切なポイント、配達の移動距離によって変わるので、まずどのような移動手段を登録しているかによって稼げるかが大きく左右されることになります。

そうです。おわかりのとおり、自動車やバイクでの登録が圧倒的に有利です。ここで、自動車やバイク免許を取得していない、自転車移動組の私は、運動音痴でスピーディーな移動が不可能なのも重なり、敗者となるわけです。時給にして計算したときにいくらくらいになったかと言いますと、福岡市の最低労働賃金くらいでしょうか。

どうやら自動車やバイクでの移動や、マウンテンバイクなんかでの高速長距離移動が得意な方は当然有利になるので、時給2000円くらいになられている方もいらっしゃるのだとか。

体験者からのアドバイス

配達員を実際にやってみたふらふら人間の私から、これからウーバーイーツパートナーをやろうと意気込まれている方へアドバイスをするとすれば以下のことがポイントになると思うので、ヒントにされてみてください。

・ウーバーイーツ登録店が沢山集まっている場所にて待機をするように試行錯誤してみること。
(どんなにやる気があったり長時間の待機が可能だったとしても、登録店ご近くになかったり、営業している時間でなければお仕事が回ってきません。)

・利用者からの宅配依頼が頻繁かつわりと短距離の配達が多くあるお店を見極めて近くで待機すること。(有名なファーストフード店や宅配にての需要が多そうなお店の見極めはお仕事の頻度を増やします。自転車での移動の場合は特に、短距離配達の多さも大きなポイントとなりますよ。)

・待機する時間帯に頭をつかってみること(待機している時間帯が宅配の需要の多い時間帯かどうかを考えてみてください。ごはんどきや、仕事が遅くなって帰宅した方のお食事時間、イベントなどのパーティーや集まりが開催されやすい日などに被れば配達の需要が多く沢山お仕事できる確率は上がります。他に待機しているウーバーイーツパートナーが少なそうな、コアな時間帯を狙ってみるのもありかもしれませんね。)

スローテンポ族の私にはなかなか継続の難しいお仕事でしたが、頑張ろうと思われているあなたに一言、体力仕事ですのでくれぐれも運動に適した装備や格好で、健康にきをつかって調子を崩さないように気をつけられてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました