意外と知らないUber Eats(ウーバーイーツ)全国図

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

こんにちは。東京でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員をやっている前島こと「まえちゃん」です。自転車好きが転じてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員までやるようになった私ですが、ふと気になった事があります。それはUber Eats(ウーバーイーツ)が今、どこまで進出しているのかという事です。私は、Uber Eats(ウーバーイーツ)が初めに導入された東京で配達員をしていますが、他の地域がどうなっているのか考えた事もありませんでした。気になった機会に記事をまとめてみたので、全国Uber Eats(ウーバーイーツ)事情をお楽しみください。

都市ごとのUber Eats(ウーバーイーツ)事情:関東

東京
言わずとしれた日本におけるUber Eats(ウーバーイーツ)始まりの地です。実は意外にも歴史が長く2016年9月からサービスが始まっています。大都市圏というだけあったどのエリアよりも注文数、配達員数は多いです。それは=稼ぎの多さに直結します。知らない方のために念のため紹介しておきますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は時給ではなく、完全出来高制で給料が支払われます。給料体系は下記の通りです。

配達料 = 基本料金 × ブースト + 特別キャンペーン(クエスト) – サービス手数料35%

基本料金:受け取り料300円(店舗から料金を受け取る際に受け取る)+受け渡し料170円(お客に商品を届ける際に受け取る)+距離料金150円/km(レストランから配達先までの距離)

ブースト:込み合う時間帯など特定の条件に応じて割り増しで賃金が上がる

クエスト:配達回数が規定回数に達した際に発生したり、土日や雨の時に発生したりする特別報酬

サービス手数料:基本料金の35%

つまり、配達した分だけお金になるという事です。最も注文が多い渋谷区・港区をいずれも手中に収めている事から間違いなく日本で市場稼げるUber Eats(ウーバーイーツ)事情市場です。

・横浜&川崎
人口的には東京に匹敵する巨大な市場ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)に関してはまだまだ発展途上です。稼ぎたいという方にとってみればまだまだ物足りなさを感じるかと思います。サービスの開始は2017年11月からです。その中でも比較的注文が多いエリアは横浜駅・桜木町駅・中華街周辺・川崎・武蔵小杉周辺などです。

・埼玉(さいたま市、戸田市、川口市など)
サービスが始まったのが2018年の9月ですからまだホヤホヤです。正直稼ぐというにはなかなか程遠い都市です。人によっては普通にバイトをした方が稼げるという方も出てくるでしょう。

・千葉(市川市、船橋市など)
千葉はなんとサービス開始が2018年の12月です。埼玉よりもさらにホヤホヤです。もちろんまだまだこれからな地域ですが、伸びが期待できなければUber Eats(ウーバーイーツ)も乗り出しませんので、今後期待できる地域ではあります。

都市ごとのUber Eats(ウーバーイーツ)事情:関西

・大阪
次は西の大都市大阪です。先ほど東京では2016年9月よりサービススタートと紹介しましたが、大阪は意外にも遅く2018年4月からとなっています。大阪市内の全24区という主要部分を押さえているため、今後の伸びが期待されます。一気に需要が広まる可能性があります。

京都
京都は2018年7月にサービス開始となりました。全部で8つの区で稼働しています。京都は他の都市とは異なる特徴として外国人観光客が多く訪れるという強みがあります。今後はそういったお客さんの利用が増える可能性があります。

・神戸
神戸も京都に遅れる事わずか数日で2018年7月にサービス開始となりました。神戸市内の主要6区を中心として一部地域も含んでいます。神戸に関してはまだまだ爆発的な伸びが期待できる前兆はありませんが、今後に期待です。

都市ごとのUber Eats(ウーバーイーツ)事情:中部

・名古屋
続いて紹介をするのは中部地方です。中部は未だ名古屋しかサポートセンターがありません。2018年10月からスタートですので、まだまだ出来たばかりです。中部唯一の名古屋ですから需要が高まれば一気に広まる可能性があります。

都市ごとのUber Eats(ウーバーイーツ)事情:九州

・福岡
最後に紹介をするのは九州エリア代表の福岡です。オープンは2018年11月です。大都市博多を含む4区がエリアとなっています。東京、大阪に負けない大都市であるだけにここから需要が広まった時に前の2大都市と同じように一気に広まるのではないかと思います。

・最後に
いかがでしたでしょうか。ここまで現在Uber Eats(ウーバーイーツ)のサービスエリアとなっている関東・関西・中部・九州のそれぞれのエリアについて紹介をしてきました。今後Uber Eats(ウーバーイーツ)がどこまで進出していくかは分かりませんが、少なくとも着実にその需要が高まってはいます。

人によっては旅行した先でご当地のUber Eats(ウーバーイーツ)を楽しんでみるという楽しみ方もあるかと思います。また、配達員としてアルバイトをすれば地域にもよりますが、普通に時給制のアルバイトをするよりもかなり効率的に稼げるので是非、そちらも検討してみてください。新しい挑戦はきっとあなたに何かをもたらすはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました