【大阪】大阪在住の女子大学生がUber Eats配達員やってみた結果

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

大阪でUber Eats配達パートナーに登録した女子大学生です。

・大阪での登録説明会の時のこと

面接やシフトはありません。一度登録してしまえばあとは好きなタイミングで自由に配達を受けられます。30分ほどの登録手続きだけですぐに配達できるようになります。
登録説明会では18歳以上であること日本国で就労が可能であることが必須条件です。さらに配達するために自転車かバイク、車を所有していなければなりません。
自転車やバイクは自前のものを利用する他、月額4,000円ほどでレンタルもでるそうです。登録が終わると配達用のバックが配布されます。日々改良が行われており、登録した時期によって受け取れるバッグが異なります。私の時は緑でしたが、初期の頃は黒いバックだったそうです。

・配達パートナーとしての仕事内容

配達をしてみると分かりますが、お店の人、配達の依頼人など人と接する機会が多くなります。若者から会社員、お年寄りなど多数の人からの依頼が舞い込んできます。様々な人と接するため、配達先の人によっては嫌な対応をされたりその逆に人の温かみを知ることができる時もあります。配達員と依頼人にはそれぞれ双方の評価制度があり、あまりよくない評価がつかないようにお店側にも配達先のお客さんに対しても丁寧に接しなければなりません。

・配達パートナーをしていて良かったこと

感謝されるとやはり嬉しいです。
配達した後にありがとうと言われると嬉しいです。自転車で配達すると肉体労働のためとても疲れます。ですが配達した後にお礼を言われるとついつい次の案件を引き受けてしまいます。実際に嬉しかったエピソードとしては、夏の暑い季節に配達していた時のことです、汗だくになって届けた後に『ありがとう』と言われその後に塩飴を3ついただき『がんばってね』とと言われました。人の温かみを知ることができる体験でした。

・Uber Eats配達パートナーを他の人にオススメしたい理由

まず大学生で大学では勉強に力を入れたいと思っている人にはオススメします。
通常のバイトでは飲食店が主にバイト先になりますが、シフトの日数や労働時間は自由に調節できません。
しかしUber Eats配達パートナーでは自分の好きな時間に働けるため、今は勉強に集中したい、まとまった時間に稼ぎたい、勉強の息抜きにちょっと出かけたいなどといった時に自由に働けるので、大学生にはUber Eats配達パートナーをオススメします。

・配達パートナーの報酬について

配達パートナーになって初期の頃ははっきり言ってあまり稼げません、自分の現在地に近い店の依頼が届きますが、配達先はその時には教えられません、なので数をこなしてインセンティブ(追加報酬)が加わる仕組みのUber Eats、依頼をたくさんこなしたいですが届け先がとても遠すぎる場合があったり、住所を詳細に記されていない場合のがあったりするため、対処方法を知らない初期の頃はあまり稼げないと思います。雨の日や食事の時間帯ではインセンティブがつきますが、雨の日は路面が滑って危ないし、レインコートを被れば視界が狭まるので基本ずぶ濡れで、効率よく仕事ができません。
場所によってはあまり仕事依頼が全く来ずさまよい続けてただ時間だけが過ぎていったりもします。

・配達パートナーの必需品

モバイルバッテリーは絶対持っておくことが重要です。依頼進行中に電源が切れてしまったら大変です。
面倒かもしれませんが配達時ぜったいに持って行きましょう。

・配達パートナーデメリット

肉体労働なのでとても疲れます。配達先を知らないまま依頼を受けるので、とても遠かった時は気持ちが折れそうになります。
またバックがとても目立つかつし、かさばります、それがとても恥ずかしいです。黒のバックを所有していなければ、あまり目立ちませんが緑のバックだった私は、とても目立つかつかさばるのでエレベーターではジロジロ見られました。
家に置いていても場所をとるので折りたたんでおくことをオススメします。

・配達パートナーの休憩時間

ランチタイムや晩御飯の時間帯は依頼がたくさんきますが、だいたい14〜18時の間は注文がかなり少ない。ブーストもつかないのでこの時間帯は初心者には特におすすめできません。
ぜひその時間帯に休憩してインセンティブと依頼がたくさんある時に依頼をこなすことをオススメします。

・オーダーストップについて

Uber Eatsのサービスが 休止したり 注文数を制限したりすることがあります。
大がかりなものだと、東京に大雪が降った際には午後6時から全面的にサービス中止ということがあったそうです。
大阪では台風の影響で大雨強風の時には配達員には全く配達依頼が来ず配達できないようになってました。不自然に注文が入らなかったらオーダーストップがかかっていると判断してください。安心安全に依頼をこなせるように配慮してオーダーストップをかけるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました