【ウーバーイーツ大阪】副業におすすめ!ウーバーイーツの配達パートナーをやってみて感じたメリット

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

私は大阪在住の会社員で、週末は副業でUber Eats(ウーバーイーツ)をしています。
今回の記事では、私がUber Eats(ウーバーイーツ)をやっていて感じたメリットを紹介します。

Uber Eats配達員は好きな時間に働ける

ウーバーイーツはアルバイトとは違い、自分の好きな時間に稼げます。稼働する時にはスマホのアプリを待機にし、終了の時にオフにするだけ。
面倒な勤務時間の報告やノルマもありません。疲れたら待機をオフにして、いつでも休憩出来ます。
週に1回だけ、1日2時間だけなど、好きな時間に働けるので副業にぴったりです。私は、土日祝休みの仕事なので、週末や祝日のみ勤務しています。
今月少し足りないな・・・と思ったときは、平日の夜に数時間働いて稼いだりしています。

この自由度の高さが魅力です。

Uber Eats配達員は普通のアルバイトより稼ぎやすい

Uber Eatsの給与は歩合制です。普通のアルバイトは時給がなかなか上がりませんが、努力や工夫がすぐに給与に反映されるのがUber Eatsです。
1回の配達で500〜600円程度貰えるので、効率良く1時間に4件配達すれば、1時間あたり2000円以上稼げます。
大阪の最低賃金は936円ですが、ほとんどのUber Eats配達員は、これを超える額を稼いでいます。
また、Uber Eats配達員は紹介ボーナスや、通常報酬にプラスされるインセンティブ制度もありますので、これらをうまく活用しましょう

健康に良い、体力が身につく

私はロードバイクでUber Eats(ウーバーイーツ)配達員をしています。普段はデスクワークなので、Uber Eatsがとても良い運動になります。
Uber Eatsを始めてから体力も身に付き、体脂肪率が下がりました。会社の健康診断の数値も良くなりました。
お金が稼げて、健康にも良い一石二鳥です。

Uber Eats配達員は需要が高い

Uber Eatsは待機する時間が長いのでは?と思われる方も多いと思います。私が働いている大阪では、1件配達するとすぐに次の注文が入るくらい需要があります。
特に土日のランチタイムや、配達員が少ない雨の日・夜21時以降などは稼ぎやすいです。
慣れるまでは1件の配達に時間がかかってしまいますが、慣れると1時間に4件ほど回れるようになります。
需要が多い今のうちに登録するのがおすすめです。

新しい配達員を紹介すると紹介料が貰えるシステム

Uber Eatsには紹介システムがあります。Uber アカウントに登録すると、誰でも「紹介コード」というのが割り振られます。
Uber Eatsをお客さんとして利用したことがない人や、Uber Eats配達員パートナーにこれから登録したい人に、紹介コードを送ります。
Uber に登録する時に、自分の紹介コードを入力してもらうことで、紹介料を受け取れます。
これには条件があり、紹介コードで登録してもらった後に「初回の配車をリクエストする」または「配達員パートナーが一定回数(50回)の送迎を完了した時」に紹介料がもらえます。
私は8人に紹介して、そのうち条件を満たした人は5人でした。紹介ボーナスは条件を満たした翌週に、すぐに貰えるのが嬉しいです。
今はUber Eats配達パートナーが不足しており、これから増えることが予想されます。
なので今のうちに沢山紹介して稼ぎたいと思います。

コミュニケーションが苦手でも働ける

副業を探す時に「あまり人と関わらない仕事」を選ぶ人も多いのではないでしょうか。私もその一人です。
Uber Eats配達員は、配達のための移動の時間が長いため、人との関わりはほどんどありません。
お客さんとの連絡はスマホのアプリのシステムで済ませられるので手軽です。
お店に行って荷物を受け取る時と、渡す時に気持ちよく挨拶が出来れば大丈夫です。
たまに「飲み物がこぼれている」などのクレームが入ることがあります。
そういう時はお客さんにサポートセンターに連絡をしてもらえば、返金されるので大丈夫です。
配達パートナーにとっても、サポートセンターはとても心強いですね。
また、現金での注文を受けるか受けないかは、配達パートナーが決めることが出来ます。
現金不可にすると注文はやや減りますが、現金のやりとりがない分とても楽です。

Uber Eats配達パートナーの仲間ができる

Uber Eats配達パートナーは一人で出来る仕事ですが、仲間を作ることも出来ます。
ツイッターで「アカウント名@Uber 配達員大阪」などで登録したり、プロフィールにUber Eats配達員と担当地域を書くと、同じ配達員の人と繋がれます。
検索で「ウーバーイーツ 大阪」と調べるだけで、沢山の配達員ユーザーがヒットします。
天候や稼げる時間などの情報を得ることができるだけでなく、愚痴を話し合ったりします。
他の人の収益報告や配達件数の書かれたツイートを読むと、自分も頑張ろう!とやる気が出ますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました