大阪市でUber Eats配達員をやってみた体験談

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

大阪市内でウーバーイーツの配達員をやっている大学2年生です。趣味はサイクリングなどの軽い運動です。
融通のきくバイトを探していたところ、ウーバーの配達員のバイトを見つけたのでためしにやってみたのがきっかけです。
ここからは私の体験を交えてウーバーイーツ配達員がどんなものかを簡単に説明していきたいと思います。

そもそもUber Eatsとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、フードデリバリーサービスのことです。
簡単には、出前と一緒です。
タクシー配車サービスで有名なUberがサービス提供しています。

現在、東京、横浜、大阪、名古屋、川崎、京都、神戸、福岡、埼玉、千葉などの都市でサービスが提供されています。
国内でも需要が増えており、今後もサービスを受けられる都市がどんどん増えていくと思われます。

スマートフォンのアプリから簡単に注文できるのが特徴で、身近な出前サービスとして普及しつつあります。

ウーバーイーツ配達員とは?

ウーバーイーツ配達員は正式には、配達パートナーと呼ばれます。自転車やバイクで街中を走りつつ、注文が入るのを待っています。

18歳以上であれば誰もが配達パートナーになれるのが大きな特徴です。
また、雇われているわけではなく、個人事業主であることも特徴です。

基本的には、配達サービスエリア内でアプリを立ち上げ、注文が来たら注文先のお店に向かいます。
商品を受け取ったら、アプリの地図に従ってお客様に商品を届けに行きます。商品の引き渡しが終わったら終了で、また次の注文を待ちます。

この仕事のメリットとしては、シフトがないことが挙げられます。
暇な時に働けるというのは、日頃忙しい人にとってありがたいことです。
また、一人で働けることもメリットです。
バイト先によくいる嫌な上司などに文句を言われることもなく自由に働けるというのが素晴らしいです。
配達パートナーに登録さえすれば、スマホとアプリと自転車やバイクがあれば配達できる手軽さも便利でいいものです。

Uber Eats登録説明会と初めての配達

登録説明会はいたってシンプルでした。
事前に個人情報をネット上に登録しておき、夕方頃に心斎橋にあるパートナーセンターへ向かいました。
説明会に行くと既に何人かが説明を受けていてウーバーイーツ配達員の人気の高まりを感じました。

説明会はバイトでよくある面接ではなく、説明だけでした。
簡単な説明と配達方法のビデオなどを見ました。
説明終了後、配達用のカバンを受け取りました。
スタッフの方に「外に出れば仕事を始められますよ」と言われたのが印象的でした。

せっかくなので外に出て、アプリをオンラインにしてみました。
しばらく走っていると、アプリ上に通知が!
近くのファストフード店から配達の依頼です。

店は近くだったのですぐに到着しました。
店に入った後、ウーバーイーツの配達員であることを告げると、配達番号を聞かれました。
少し戸惑いましたが、何とか番号を伝え、商品を受けとることが出来ました。

配達場所はファストフード店から2キロほどの場所でした。
地図に従って配達場所の近くまで来てみましたが、肝心の配達先がよく分かりません。
アプリから依頼者に電話できるようだったので電話してみました。
依頼者はいい人で、自宅までの道を詳細に教えていただきました。やっとのことで自宅に到着し、商品を渡しました。

一回目は30分ほど配達にかかり、報酬は約200円ほどでした。疲れたのでその日は一回で配達を終了しました。大きなトラブルはなく、無事配達出来ました。

Uber Eats配達員おすすめポイントと注意点

最初慣れるまでが大変ですが、慣れると1日何十件も配達できるようになり、その分稼ぎも増えるので、やればやるだけおいしい仕事です。
インセンティブやブーストといった機能があり、それらをうまく利用するとたくさん稼げます。

また、たまにですが、客が電話などに出ずに、一定時間がたった場合、商品を自分で処理することとなり、自分で商品を食べることが出来ることもあります。

ダイエットにも便利です。
何だかんだで何十件も案件をこなしていたらかなりの距離を自転車で走ることになります。きつい分、運動になるので痩せたい人にもオススメです(笑)。

注意点もあります。
自転車の場合、自分の力でこぐので疲れやすいことです。長距離の配達案件が来たときは絶望しそうになります(笑)。
自分の体力と相談しながら案件を引き受けましょう。

また、注文が全くこない時間があります。ランチタイムやディナータイム以外は注文が入りにくいです。その時間はどこかのカフェで暇を潰したり、いっそ配達をしないという選択肢も視野に入れておくべきだと思います。

これらのデメリットを考慮しても魅力的な仕事だと思います。バイトが初めての方も、今やっているバイトが不満な方も、どんな人にでもおすすめできるバイトです。皆さんも素敵なUber Eats配達員ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました