【ウーバーイーツ埼玉体験談】自由な働き方のUber Eats配達員って実は給料は意外にいい!

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

3年前に転職した私は収入が減少してしまいました。そんな中で副業として割のいい仕事をさがしていた所、Uber Eatsの配達員がいいという噂を聞きつけました。
丁度自宅のさいたま市エリアで募集が始まるタイミングだったことと、30代後半の私は肉体労働を繰り返せる体力的な自信がなく、できれば自分のペースで出来る仕事を希望していたため、かなり前のめりでした。

Uber Eatsに登録!

私は自宅近くの埼玉県さいたま市で登録しました。
儲かると聞いたので飛びついたものの、最初は半信半疑でした。正直フードデリバリーで儲かるイメージが全く湧かなかったからです。
これは説明会に参加した後も正直あまり変わりませんでした。面接もないし、基本的な説明を受けてバッグ渡されたらもう開始できてしまいます。随分簡単に始められるなぁというのが実感で、逆に心配でした。儲けるどころか、むしろバッグのレンタル代が給与から天引きされることを知ってドン引きした記憶があります。
しかし、そうなるともうやるしかないわけで、とにかく始めてみよう、儲からなかったら辞めればいいと割り切って始めました。

Uber Eats配達員ってどんな仕事をするのか?

案件はアプリで管理されるのですが、自分がいる周辺の店舗情報が表示され、そこで商品を受け取ってスタートです。配達先が次に表示され、そこに配達します。配達完了で報酬をアプリ内でもらえます。非常にシンプルです。
Uber Eatsは移動手段は自分で用意しないといけないのですが、私はバイクを持っていないので、自転車で配達をしています。当然料理を倒さないようにしないといけないので傾きを気にして体勢などに結構気を遣います。また近い配達先ばかりではなく4km程度の距離の依頼もあります。さらには注文数が多い時もあるため、ヘルニアの私は疲れが腰に来てしまいます。雨の日なども大変です。
でもこんな苦労が全部気にならないくらい収入がいいのです。
私は副業としてやっているため、週に2日だけしかやっていないのですが、一か月に10万円程の収入になります。好きな時に好きな時間だけ働けるのがUber Eats配達員の大きなメリットなので、私は1時間に4、5件など効率よく回れたり、思いのほか一日の件数が伸びたりした日は早めに終了したりもします。また30配達でボーナスの2万円が貰えるのですが、30配達は毎月最低限の目標にはしています。このボーナスの有り無しでは収入が大きく変ってきます。とは言え、依頼のない時間帯もあります。ランチタイムを過ぎた後の13~15時は魔の時間帯です。全く依頼が無いこともあります。こんな時は焦らずにじっと待つしか有りません。

配達員の楽しみは?

実は私は月末には依頼を受けたレストランにお客さんとして食事に行きます。
外食は少し贅沢なので月に1度だけと決めているのですが、頑張った自分へのご褒美も兼ねて食事に行くことにしています。その際には仲良くなったスタッフがいるお店に行くようにしています。
さいたま市の登録だと東京などと違って、同じお店から繰り返し依頼が入ることも多くあります。流石に何度も通うとお店のスタッフとも仲良くなるんです。私はずっと営業をやっていたせいか、結構自分から対応してくれるスタッフに声を掛けてしまいます。それで何度か話しているうちに仲良くなるので、そんなお店にはコミュニケーションも兼ねて食事も行くんです。それでさらに仲良くなりますし、それによっていいことも起こります。

特定の店舗スタッフの方とかなり仲良くなったことで、先日さらに楽しいことがありました。
その日は若干配達件数で苦戦したので、夜まで頑張っていました。やろうと思えば夜24時までは12時間労働の範囲で頑張れるのですが、20時頃だったと思います。いつもの馴染みのお店からの依頼が入りました。お店に行ってみると一番仲の良いスタッフが対応してくれました。仲がいいとは言え、お店で話す程度でプライベートな繋がりは一切ありません。商品を受け取るときに「今日何時に終わるの?」とそっと耳打ちされました。
「今日はちょっと流れも良くないんで、これで上がろうかなと思っていますよ。」そう答えました。
すると「今日この後、友達の女友達と飲むんだけど来ない?一人仲間が来れなくなっちゃって。」
「マジで!?行っていいの?行く行く!!」
もうその時は、かなり喰い気味に返事しました。そしてその日はそのお店の配達で当然終了にしました。楽しい飲み会に誘ってもらい、二次会まで参加してしまいました。こんな楽しい繋がりも出来てしまいます。サラリーマン的な視点からすると有りえない流れですよね。

Uber Eats配達員は絶対おススメ!

Uber Eatsの配達員はUber Eatsの社員では無いので、クライアントである店舗やスタッフに過度に気を遣うことはありません。この辺りはサラリーマンとしての仕事とは大きく違う所です。時間も自由な働き方が出来るし、このように人との繋がりも出来る新しい働き方です。
副業として限定的に働きたい方も、こちらをメインにしっかりと働きたい方にもどちらの方にもおススメの仕事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました