【Uber Eats体験談】僕が実践している、都内のウーバーイーツで効率良く稼ぐ方法

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

僕は都内の大学生で、ウーバーイーツの配達パートナーとして仕事をしています。
今では週に15時間程度の稼働でも、月10万以上稼げるようになりました。
僕が実践している「効率よく稼げる方法」を紹介したいと思います。

注文の多い配達エリアを探そう!

まずは「自宅の近くで配達しよう」と思う方も多いと思います。
僕も最初は自宅の近くで待機をしていましたが、思ったよりうまくいかず、場所を移動しました。
配達エリアによっては「稼げるところ」「稼げないところ」があります。
僕のように土日や夜間に配達する場合は「オフィス街よりも住宅街」だったり「ウーバーイーツの加盟店が多いエリア」が稼ぎやすいですよ。
色々なエリアで配達をすることで、「稼ぎやすいエリア」が分かるようになります。
僕はウーバーイーツの注文サイトをよく読んで、人気店の多い店の近くで稼働しています。
また、あまりに遠いところの配達リクエストは、思い切って拒否しましょう。

バイクか電動自転車を選ぼう!

ウーバーイーツで稼ぐには、できるだけ配達件数をこなすことが大事です。

「ママチャリよりも、電動自転車」「電動自転車よりもバイク」の方が、配達時間を短く出来ます。
僕はウーバーイーツに登録した時に、レンタサイクルサービスにも登録しました。
「赤チャリ」とよばれるドコモ・レンタサイクルサービスです。都内にサイクルポートがたくさんあり、GPSですぐにポートが調べられます。
定額で高額な電動自転車が借りられて、返却も楽です。
原付の免許がある人は、原付を使用しましょう。ウーバーイーツと提携している帝都産業さんのレンタルサービスでは、相場より安く原付バイクが借りられます。
雨の日にもバリバリ稼働したい人は、屋根付きの原付バイクを選ぶのがおすすめです。

ウーバーイーツは雨の日が稼ぎ時

雨の日は、注文がすごく多いです。家から出たくない人が多いので、注文が増えるのです。そして雨の日には稼働している配達パートナーが少ないので、雨の日こそ稼ぎ時です。
僕は、雨の日にも動きやすいようにレインコートと履きやすいレインブーツを購入し、スマホの防水リストバンド型ポーチや、防水用のウエストポーチを携帯しています。
屋根付きの原付バイクで濡れずに配達している配達パートナーさんを見ると羨ましくなりますが、自転車でも十分稼げますよ。
他にも、年末年始やGWなどの大型連休も稼ぎ時です。

ウーバーイーツの人気加盟店に近い待機エリアを選ぼう!

僕が「リサーチ」としてよくやっている方法が、ウーバーイーツの注文サイトを観ることです。自分の配達エリアの人気店を調べ、その人気店の近くで待機するようにしています。すると、注文が入った時にすぐに取りにいけるんです。ウーバーイーツで1時間に2000円以上稼ぐには、1時間に4件配達をしなくてはいけません。

現金での注文受付をしよう!

ウーバーイーツ配達パートナーに登録すると、「現金払い(代引き)」を可にするか不可にするか選べます。
現金払いはお釣りを用意しなければならず、少し面倒です。しかし、注文件数は増えます。注文が少なくて悩んでいる人は、ぜひ現金払いを受け付けましょう。
日本人は未だに現金主義の人も多いです。また、現金払いでは報酬がすぐに受け取れるメリットもあります。

配達料だけでなく、紹介料で稼ごう!

ウーバーイーツには紹介システムがあります。新しくウーバーイーツに登録する人に、自分の招待コードを入力してもらいましょう。登録者が条件を満たした場合にボーナスがもらえるのです。どんどん配達パートナーを紹介してお金を稼ぎましょう。友達を紹介しても良いのですが、ツイッターやブログを利用するのもおすすめ。ツイッターやブログにウーバーイーツの活動について書き、「興味のある方は招待コード○○○で登録してください」と書くことで、紹介が成立したことがあります。
どんどん活用していきたいです。

応答率をあげて、インセンティブを受け取ろう!

ウーバーイーツ配達員パートナーには、アプリをオンラインにしている時間の配達料が基準額を下回った場合、最低報酬を保証してくれるインセンティブ制度があります。
僕がウーバーイーツ配達員を始めたばかりの時は、なかなか配達料が稼げず、インセンティブ制度にお世話になりました。
しかしこのインセンティブを受け取るにはいくつか条件があります。そのうちの一つが「インセンティブ期間の応答率が規定を下回らないこと」です。
遠いところの配達リクエストが入ったときや、オフラインにしようと思ってたらちょうど注文が入ってしまった時、つい応答拒否をしたくなります。
しかし、あまり沢山拒否をすれば、応答率はどんどん下がります。応答率は80%以上、できれば90%以上をコンスタントにキープするようにしています。
インセンティブ適応条件は地域によって違います。
新しいキャンペーンが始まったりするので、ウーバーイーツ公式から送られる情報はこまめにチェックしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました