Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員ってぶっちゃけ稼げるの?稼げないの?

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

こんにちは。東京でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員をやっている前島こと「まえちゃん」です。自転車好きが転じてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員までやるようになった私ですが、果たして実際にUber Eats(ウーバーイーツ)は稼げるのかと気になっている方も多いかと思います。そこで今回は実際にはどのくらい稼ぐことが出来るのか調査をしてみました。

給料体系はどうなっているのか

先ずは給料体系が気になる方もいるかと思うのでそちらからご紹介していきます。前提として時給ではありません。Uber Eats(ウーバーイーツ)は完全歩合制です。完全歩合と聞くと「稼げる人は死ぬほど稼げるけど稼げない人は0円とかもあるんですか」と心配される方もいますが、そんな事はないので安心してください。基本的にはアプリに登録して起動すれば配達依頼が来ますから、お客さんを探すという事に関しては心配する必要はありません。ただし、都内であればそれも全く問題ないのですが、地方になると配達の母数自体が異なるため、一概には言えません。

さて、気になる給料体系ですが以下のようになっています。

配達料 = 基本料金 × ブースト + 特別キャンペーン(クエスト) – サービス手数料35%

この基本料金には受け取り料300円、受け渡し料170円、距離料金150円/km(レストランから配達先までの距離)が入ります。ブーストというのはランチやディナーなどの時間帯で込み合う際に割り増しで賃金が上がるシステムの事です。クエストというのは配達回数が規定回数に達した際に発生したり、土日や雨の時に発生する特別報酬を指します。サービス手数料というのは基本料金の35%をもっていかれます。なお、ここで紹介している料金体系はあくまで都内のものです。場所によっては異なるようですのでご了承ください。

実際に稼げている人はいるの?

ここまで料金体系について紹介をしました。確かに完全歩合という事は頑張れば頑張った分だけ給料に反映する事になるわけですから頑張りがいはありますよね。しかし、リアルに稼げているのかどうかは非常に気になる点かと思います。

実際に私はと言いますと、直近のデータで4月1ヶ月の稼働日数が23日、売上が30万円ほど、時給に換算すると1,520円でした。上手くブーストやクエストを利用すれば全然夢のような数値ではありません。むしろ、こんなのはザラにいます。

どうすれば稼げるのか

さて、では実際にたくさん稼ぎたいと思った方はどうすれば良いのでしょうか。ここからは私も実践している方法で、効果が実証済みなものをお伝えしていきます。

・エリアを絞る
ぶっちゃけこれが最も大切だと思います。なぜかと言うと、配達依頼件数が圧倒的に違うからです。都内ですと、渋谷区・港区・新宿区・千代田区あたりがオススメです。特に渋谷は小さなエリアの中にものすごい数の依頼が来るので配達効率がめちゃくちゃ良いです。また、渋谷までは遠いという方は平日であればオフィスビルの多いエリア、土日祝であれば住宅が多いエリアであれば十分稼げるチャンスはあると思います。

・時間帯を絞る
エリアの選定と同時に配達時間帯を決めて動く事も大切です。Uber Eats(ウーバーイーツ)自体は朝9時から夜12時まで稼働をしているので、その間は働けるのですが、人間ですからずっと働き詰めというわけにもいきません。また、働いてはいても依頼が少ない時間帯はどうしてもあります。ランチやディナーの時間帯は依頼が急増しますからそういった時間帯をはさんだ前後、もしくはランチの始まりからディナーの終わりにかけて動くなど時間帯を絞る事で効率よく回る事が出来ます。

・曜日を絞る
Uber Eats(ウーバーイーツ)のデータによると平日と比べて週末が80%ほど配達依頼が多いそうです。たった2日の週末の配達依頼が平日5日の依頼数をはるかにしのぐわけですから、ここで配達をしない手はないでしょう。平日は時間もしくはいくら稼ぐというのだけを決めておき、それがクリアしたら終わりにして土日はガッツリ入って一気に稼ぐという戦略もありです。

・天候が悪い日が稼げる
雨の日や寒い日など多くの人が外に出たくないという日は配達員にとってはチャンスです。外に出たくない人が多いという事はそれだけ依頼の数が多くなることを意味します。ただし、雨の日は非常に配達が危険ですので注意が必要です。

結論は稼げます

いかがでしたでしょうか。結論、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員は稼げます。それも通常のアルバイトなどで考えると驚くくらい稼げます。あなたも是非、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員となってガッツリ稼いでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました