Uber Eats(ウーバーイーツ)配達を頑張るのは良いけどこれだけは守って

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

こんにちは。東京でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員をやっている前島こと「まえちゃん」です。自転車好きが転じてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員までやるようになった私ですが、配達をする際にはいくつか注意をする必要があります。これは既に配達をやっている方は必読ですが、これから配達員をやろうという方も読んでおいて損は無いかと思います。

報酬について

アルバイトをやる上で絶対に欠かせないのは報酬に関する情報です。正直ここが気にならない人であればアルバイトやっていないはずですので、確実に押さえておきたいポイントです。先ず最も大切な給料体系ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料体系は下記のようになっています。

配達料 = 基本料金 × ブースト + 特別キャンペーン(クエスト) – サービス手数料35%

基本料金受け取り料300円(店舗から料金を受け取る際に受け取る)+受け渡し料170円(お客に商品を届ける際に受け取る)+距離料金150円/km(レストランから配達先までの距離)

ブースト:ランチやディナーといった込み合う時間帯など特定の条件に応じて割り増しで賃金が上がる

クエスト:配達回数が規定回数に達した際に発生したり、土日や雨の時に発生したりする特別報酬

サービス手数料:基本料金の35%

※なお、ここで紹介している料金体系はあくまで都内のものです。場所によっては異なるようですのでご了承ください。

これらの報酬ですが、支払われるタイミングも気になります。原則は1週間に一度になります。締め日は月曜日の早朝で、タイミングが異なる事もありますが、基本的に水曜になると振り込まれる事が過去の経験上は多かったです。

配達時の交通ルール

既に配達をやっている人であれば説明の必要もありませんが、基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)は自転車バイクなどを駆使して配達を行います。その際に気になるのはやはり交通ルールなどでしょう。せっかく張り切ってアルバイトをやっていたのに違法駐車で捕まるなんて事になったらたまったものではありません。

特に乗っている時の交通ルールについてはあえてここで言及する必要もないかと思いますので載せませんが、困るのは駐輪かと思います。基本的には交通ルールに従ってくださいとしか言いようがないのですが、やはりその地によって微妙にルールが違ったり気づかないところに標識があったりするので迷ったら近くの警備員さんなどを見つけるのがベストです。特に都内であれば人通りが多いところであればほぼ間違いなくいるはずです。

次になるべく配達効率をあげようとお店の前で待機をすれば良いのではと考える方もいるかと思いますが、これはUber Eats(ウーバーイーツ)側も禁止事項として挙げていますので、絶対にやってはいけません。常識的に考えてもお店にとっても迷惑です。絶対にやってはいけません。また、もしそういった行為が通報されれば配達員として活動出来なくなることも覚悟はしておいた方が良いと思います。

交通系の事で気になる事としては配達中のパンクやバックの破損も考えられます。仕事の基本は「報・連・相」と叩き込まれている方も多いかと思いますが、これは本当に大切です。たとえサポートセンターに冷たくあしらわれたとしても絶対にやっておくべき行動は先ず、一報をいれる事です。これは別に配達員に限った事ではありません。社会人として何かあったらすぐに関係者に一報を入れるという癖はつけておきたいですね。バレなきゃOKは結果的に多くの人に迷惑をかける事になりますし、何よりもあなたの信用を落とす事になりかねません。

料理の受け取りと受け渡しのルール

覚えておくと良い数字は「10分」です。店に到着してから料理の受け取りに待つ時間は10分、目的地に到着して受け取り手を待つ時間も10分です。もちろん、待ち時間など無く即座に受け取りと受け渡しが出来ればベストですが、やはりそんなにゲームのようにはいきません。

ただし、10分待っても料理が提供されなければ店側に「別の配達員が来る」という旨を伝えればキャンセルをして構いません。また、届け先について注文者が見つからない場合はすぐに電話をしましょう。するとアプリ内でカウントダウンタイマーが発動します。ここで10分経ってそれでも注文者が現れなければキャンセル可能です。この電話を忘れてカウントダウンタイマーが起動していない状態でキャンセルをするとどんな理由があろうとルール違反とみなされます。

最後に

いかがでしたでしょうか。配達に慣れた頃の配達員はついついもっと稼ぎたいと思って基本を忘れがちになります。せっかく稼ごうと頑張っても思わぬ形で悪評を立ててしまっては誰も報われません。人と仕事をする以上は最低限のルールがあるという事は常に認識しつつ、思う存分稼いでください。逆に今回紹介した事をキチンと守っておけば問題はありませんので、安心してください。それ以外でトラブルや少しでも迷った事があればとにかく先ずはサポートセンターに一報するという事だけ頭に入れておけば後は大丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました