Uber Eats配達員の不満をぶっちゃけます(ウーバーイーツ体験談)

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

こんにちは。東京でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員をやっている前島こと「まえちゃん」です。自転車好きが転じてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員までやるようになった私ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員をやっているからこそ気づいてしまうもう少しこうなったら良いな~というサービスの改善点もあります。今回は配達員ならではのもう少しこうなって欲しいという部分について紹介をしていきます。

価格が割高

先ずはUber Eats(ウーバーイーツ)の給料形態を見ていきましょう。それを見る事によって私が何を言いたいのかがより深く理解出来るかと思います。

配達料 = 基本料金 × ブースト + 特別キャンペーン(クエスト) – サービス手数料35%

基本料金:受け取り料300円+受け渡し料170円+距離料金150円/km(レストランから配達先までの距離)

ブースト:特定の条件に応じて割り増しで賃金が上がるシステム

クエスト:特定の条件に応じて発生する特別報酬

サービス手数料:基本料金の35%

※なお、ここで紹介している料金体系はあくまで都内のものです。場所によっては異なるようですのでご了承ください。

私がここで注目をしたいのはサービス手数料35%という数字です。これはUber Eats(ウーバーイーツ)が配達員から受け取っている売上に対するパーセントなのですが、結構高い気がします。

そして、実はこの給料形態における同じ%が別の関係者からも引かれる事になります。ここで出てくる登場人物と言えばあとは店側しかありませんよね。Uber Eats(ウーバーイーツ)は店側からも販売した商品の売上高の35%を受け取る事になります。最終的な取り分としては商品の販売額の35%をUber Eats(ウーバーイーツ)、65%を店舗が受け取る事になります。あれ?配達員は?と思った方も多いでしょう。配達員は実は配達時に店側から受け取る受け取り料300円と料理をお客さんに届けた際に受け取る170円、あとは距離に応じて金額が異なりますがそれが基本となって上記の式で計算が行われます。つまり、ブーストやクエストはUber Eats(ウーバーイーツ)側が身を削ってまでも配達員の方にインセンティブとして与えているわけですね。

少々長くなりましたが、結論としては通常かからないお金が発生しているというわけです。店側はこれを考慮して店頭価格よりも高めに料金を設定する傾向にあります。そのため、結果的にその矛先はお客さんに向かう事になります。これがUber Eats(ウーバーイーツ)で商品を注文すると通常よりも高くなる理由です。お客さんとしては家まで届けてくれるのだからと納得する部分もあるかとは思いますが、やはり気になる部分ではあります。

大量の注文時には配送料が回数分かかることに

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員が一度に抱えられる量には限界があります。その量を超えると一度には配達できず、2人3人と人数をかけて配送する事になります。そうなった場合は一回の送料というわけにはいかず、人数分の送料がかかります。

正直、出前でそこまで注文する人もいないかとは思いますが、そういう仕組みであると覚えておきましょう。Amazonでも本を購入した際に一緒に届けば送料は1回分で済みますが、分けての配送となると別々に料金がかかるのと同じ要領です。

天候が悪いと配達員が不足する事も

お客さんの立場になってみると天候が悪い時こそ配達に来て欲しいものです。これが配達員を雇っている店舗であればその分の人件費もかかるので多少の無理はあってもいかせたくなるのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達員がアプリを起動したらスタート、オフにしたら終了という仕組みです。したがって天候に応じてその日配達に出るか出ないかはその人次第です。

つまり、注文が殺到する時に限って配達員が不足するという事があります。もちろん、Uber Eats(ウーバーイーツ)側もその点を考慮して雨の日に合わせてブーストを発生させるなどして賃金を割り増しにする事で配達員を確保しようとしますが、配達員も人の子です。切羽詰まってとにかくお金を稼ぎたいと思っていなければずぶぬれになって配達に行くのはやっぱり嫌です。このあたりがUber Eats(ウーバーイーツ)の特徴でもある自由シフト制の悪い面です。

全てのエリアに対応しているわけではない

Uber Eats(ウーバーイーツ)はかなり活用される事が多くはなってきましたが、それでも全てのエリアに対応しているわけではありません。特に地方に関してはまだまだほとんど未開拓と言っても過言ではありません。せっかく楽しみにしていたのに調べてみたら自分が住んでいる地域は対応していないという事も良く聞く話です。また、対応はしているけど店からの距離が遠く移動距離が長くなる分費用がかさむという事もあります。このあたりは自分の住んでいるエリアにUber Eats(ウーバーイーツ)が進出する事を望むしかありませんね。いずれにしても今、非常に勢いをましているUber Eats(ウーバーイーツ)ですから利用出来る環境にある方は是非一度お試しください。もしかしたらあなたの街に私が訪れるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました