Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員で稼ぎたければ他人とは逆をいくべし!

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

こんにちは。渋谷でUber Eats(ウーバーイーツ)配達員をやっているハマちゃんです。とにかく稼ぎたいという思いで始めたこのバイトですが、非常にメリットを感じる部分があるのでそのあたりを紹介していきたいと思います。

稼ぎたい人は抜け穴を上手く利用するべし

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員は実際に本当に稼げる仕事です。ただし、全国各地にいる配達員の中にも驚くべきほどの時給で稼ぎまくっている人とあまり普通のアルバイトと変わらない、もしくは費用対効果で見たら悪いくらいじゃない?という人もいます。

そこで今回は私がこれまで配達員として重ねてきた経験を元に、稼いでいる人が狙っているポイントについて紹介します。稼ぐ人はどの世界でもそうですが、抜け穴を探します。

先ずはおさらい~Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料体系~

具体的な話をする前に大前提としておさえておきたいUber Eats(ウーバーイーツ)の給料体系を説明します。給料体系は下記の通りになります。

基本料金 × ブースト – 手数料 + クエスト

基本料金・・・「受け取り料金¥300」「受け渡し料金¥170」「距離料金¥150/km」の3つが合わさった金額
ブースト・・・注文の多い時間帯およびエリアの配達報酬が上がる報酬アップシステム
手数料・・・基本料金の35%
クエスト・・・一定期間の配達数に応じて支払われる追加報酬

抜け穴はどこにある?

今回は給料体系の4つの要素のうち、「クエスト」に焦点を当てて説明をしていきたいと思います。これは「プロモーション」と言われたりもします。結論から言うと、インセンティブ報酬をたくさん稼ごうというのが今回のポイントです。

注文数が殺到するブーストのタイミングで配達をするのもありですが、依頼数と配達員は需要と供給の関係にあります。ブーストが発動するタイミングでは大量に発生した注文という需要に対して配達員数という供給が追い付かない傾向にあるため特別報酬を発動させて配達員不足をカバーするわけです。

一方で注文数はもの凄く多くはないけど供給が全く追いつかないタイミングというものがあります。すでにアルバイトをやった経験がある方はイメージしやすいかと思いますし、これから始めようと意気込んでいる方は想像してみてください。あなたが配達員だとして絶対に配達にいきたくない日はありませんか?

私だったら雨の日や気温が著しく寒かったり、暑かったりという日は避けたいです。わざわざ苦労してまで危険を冒してまで配達をしたくないです。しかし、それこそが抜け穴なのです。今度は逆に注文をする側の立場になってみてください。外は雨が降っている、あるいはもの凄く寒かったり暑かったりする状態で「今日は出前で済ませてしまおう!」という日はないですか?

つまり、天候が悪い日ほど注文をする側は注文をしたがり、配達する側は配達したくないと思うわけです。「人がやりたがらない=配達員の供給数が少なくなる」という状況が発生します。しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターとすれば目の前の注文が増えている状態でみすみす機会を逃すわけにはいきません。

そこでインセンティブを「クエスト」「プロモーション」という形で発生させる事で配達員の意欲をかき立てるわけです。そして、これこそが今回紹介をしたかった狙い目なのです。たしかに過酷な状況での配達をしなければいけないという大変さはありますが、少しでも多く稼ぎたいという人にとってはまたとないチャンスです。

同じ配達が通常よりも高く評価をされるのですから間違いなく飛びつくでしょう。

ブーストと絡めたら最強

さらに最高に抜け穴なのは、クエストが発動している状態でブーストも発動する状況です。もうこうなったら無双状態です。例えば、注文の多い渋谷区などで平日よりも注文が多い土日の昼の時間帯に雨なんかが降っていたらもはや抜け穴を探している配達員にとっては天の恵みです。ダブル特別報酬で一気に時給が爆上がりします。もうこうなったら無敵ですので、遭遇したら本当にラッキーです。

逆に雨の日などは特に危険も伴う事にはなりますので、カオスな状態になる事は間違いありません。実際に私もそれで何度かこけてしまった事があります。幸いにも商品を受け取る前だったので良かったですが、もしそれで商品をおじゃんにするような事があったら大変です。

強者は常に逆を行く

いかがでしたでしょうか。今回は他の人がやらないタイミングでバイトをする事で給料を上げる抜け穴を紹介しました。これは何もUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員に限った事ではなく、強者は常にその他大勢とは逆の道を行きます。

皆がやらないからやらないのではなく、皆がやらないから自分はやるなのです。そういった意識で仕事をすれば、他の仕事でも成果を上げられる事は間違いないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました