Uber Eats(ウーバーイーツ)のシステムを店側から見てみると…

まず最初に配達員登録しておくことをオススメします

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓ ↓

Uber Eats公式登録サイト

こんにちは。東京でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員をやっている前島こと「まえちゃん」です。自転車好きが転じてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員までやるようになった私ですが、経験が長くなると色々な事に興味を持つようになります。Uber Eats(ウーバーイーツ)を導入する企業は今やもの凄い数になっています。ただし、それぞれの企業は当然ですがビジネスをやっています。つまり、利益が出ないのであればこの仕組みを利用していないはずです。儲かるからサービスを利用するわけです。今回はアルバイトをする方はあまり考えないであろう、Uber Eats(ウーバーイーツ)を導入している店側の視点からこのサービスについて見ていきます。

初期費用はかかるの?

さて、これだけ名の知れたUber Eats(ウーバーイーツ)ですから初期の導入費用はさぞかし高いと身構えそうなものですが、実は設備さえ整っていれば無料で出来る店舗もあります。基本的に必要なものはタブレットWi-Fiのみです。すでに設備が整っていれば新しく用意する必要は全くありません。

ちなみにもしこれから設備を導入するのであればタブレットレンタルというのもあるのでオススメです。月額1,700円です。初期投資が1,700円で済むなら安いものですよね。仮にタブレットレンタルとなったらSoftBank回線のタブレットになります。理由は単純明快でSoftBankがUber Eats(ウーバーイーツ)に対して多大な投資をしているからです。

手数料は?

そうなってくると費用がかかるのは配達時の手数料という事になります。いくらだと思いますか?なんと驚異の35%です。これには配達員が料理を受け取る際に支払う300円の受け渡し手数料も含まれます。つまり、3,000円の商品を配達してもらったとなると1,050円を支払う事になります。正直、けっこうな割合だとは思いませんか。ちなみにお金の流れですが、配達員がお客さんからお金をもらうわけですからUber Eats(ウーバーイーツ)側からお店へという流れになります。支払いはクレジットカード、デビット、PayPalのいずれかのみで行われるので現地でお金のやり取りがされる事は無く安心です。Uber Eats(ウーバーイーツ)から売上分が支払われる際に手数料である35%分が引かれた額が支払われているという仕組みです。

店側はまだまだコストがかかる

これで済めば粗利率は65%ですからけっこう良いじゃないかと思うかもしれません。しかし、店側にとってかかる費用は何も配達手数料だけではありません。その他にもかかる費用はたくさんあります。その代表を紹介していきます。

・食材が無ければ料理は作れない
当然飲食店では料理を作るための原価である食材費がかかります。これは店の考え方にもよりますが、大体30~40%ほどかかります。つまり、先ほどの売上から考えると下記のような利益になります。

3,000円―1,050円(手数料)-900円~1,200円=750~1,050円

これは本当に店の考え方次第です。原価率を高めればよりこだわった料理は出来るでしょうが、店の経営的には苦しくなります。

・裸じゃ料理は運べない
飲食店であれば料理を作って店においてあるディッシュに料理を盛りつければ提供出来ます。しかし、配達となれば当然容器が必要になります。これが意外と費用としてはかさみ、7%~10%くらいかかります。

〇原価率30%の場合
750円~840円

〇原価率40%の場合
450円~540円

大体かかる費用としてはこんなところです。ちなみに、人件費も含むかどうかは判断が難しいところです。Uber Eats(ウーバーイーツ)からの注文があまりにも多ければそれそのために人員を増やす必要もあるでしょう。ここでは人件費については詳細は述べません。

ちなみに基準が無いとこれが良いのか悪いのか判断がつきにくいかと思います。飲食自体が実は利益率があまり高くはなく10%の営業利益率があれば良しとされます。

そこでいけば今回のUber Eats(ウーバーイーツ)を用いた配送は成功と言えるでしょう。

店としては少しでも利益をあげたい

Uber Eats(ウーバーイーツ)自体が全体的に見れば上手くいく仕組みである事はお分かり頂けたかと思います。店にとっては販路を拡大する事は生き残るために非常に重要な手段ですので、これだけ少額の投資で販路を拡大出来るのであればやらない手はないでしょう。

ただし、そうは言っても手数料35%というのを突きつけられると店側としてはやはり「うっ」となります。冷静に計算をすれば良好と言える数字でも一瞬ひるんでしまいます。それに経営者としてはたとえ1円でも利益を出したいと思うのは当然です。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文が入った際の商品価格を店頭で提供している価格よりも高めに設定している店舗も多いです。

しかし、逆に立場になればお客さんにとっては割高な商品を頼む事になります。家から出ずに済むわけですから納得出来る部分はあるかと思いますが、あまりに高く上乗せをしすぎると客離れにもつながります。

この微妙な差、それこそ1円の価格の差が大きな利益の差になる事もありますので、細部にこだわる必要がありますね。企業経営者は常に頭を悩ませています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました